・TOP >・47エッセイコラム

47エッセイ 「 旅と食、人生を楽しむほんわかエッセイ 」ライターLINE UP

47都道府県 イラストで名所巡り♪  本山浩子

山梨県「河口湖」春

山梨県「河口湖」春 26回目は山梨県にある河口湖です。山梨県は東京から程よい距離にある為、小さな頃は家族で、学生時代は友達とよく訪れました。河口湖、山中湖、忍野八海、富士山スバルライン、富士急ハイランド...
(2021年3月26日)
記事全文へ

世界の地元メシ  ほしのしょうこ

台湾のおやつ汁粉

世界の地元めし:台湾のおやつ汁粉 ほしのしょうこ 台湾は一回しか行ったことがないのだが、4か月ほど滞在した。きっかけは、台湾にすごい占い師がいる!っていう噂をききつけて、興奮してすぐチケットを買って興味本位で飛んでいき...
(2021年5月25日)
記事全文へ

アジアが恋しい!お腹もまんぷく美味しい食紀行
伊能すみ子

マカオの魅力 〜日本人にも食べやすいマカオフード〜

アフリカンチキン 東京から飛行機で4〜5時間。 世界遺産やカジノなど魅力満載のマカオですが、 マカオ料理というと、意外と知らない人が多いのでは?実は美食の街でもあるマカオ。 1999年にポルトガルから中国に返還され...
(2018年12月6日)
記事全文へ

台所から旬だより  高倉知子

2021年は挑戦の年! 〜かたい殻を突き破ろう〜

2021年は土用に要注意! 〜水運不及の年の乗り越え方〜

2021年は「水運不及(すいうんふきゅう)」の年。「水」を象徴するものが足りなかったり、偏りが出たりする年です。薬膳や東洋運命学では「水」は、成長・発育・老化を司る五臓「腎」と関係...
(2021年4月23日)

記事全文へ

春夏秋冬「ゆる伊豆」だより  小林ノリコ

第18回 東伊豆 お菓子になった成金豆

成金豆 伊豆の農産物と聞かれたら、みなさんは何を挙げるだろうか。 真っ先に挙がるのが、ミカンなど柑橘類とお茶。続いてワサビ、イチゴ。もしかすると、シイタケやトマト、スイカを挙げる伊豆マニア上級者(!?)がいるかもしれない。伊豆半島は海岸線の独特な地形と温暖な気候条件を活かして、その昔から...
(2020年4月20日)
記事全文へ

五感で感じるエッセイ『イン・ラケ'ッチ!』
白川ゆり

30.美(うま)し国 熊野…

美(うま)し国 熊野 自粛期間、久しぶりにたくさんの本を読んだ。3か月で20冊ほど。その中の一冊、ある紀行文をきっかけにこの旅を決めた。自粛明けに選んだ地は、「熊野」。2年ぶり、2度目の訪問だ。名古屋から...
(2020年11月30日)
記事全文へ

信号はMIDORI色。さあ、渡ろ。  MIDORI

中東は異文化の国。実は異なった国から来た様々な人たちが持ち込んだ文化の国なんだ。(後編)

日常会話では肩書にとらわれず上司も部下も互いにファーストネームでフランクに会話ができるという海外の習慣は知ってはいても、実際にそれを体験するとカルチャーショックでもある。またこのラフさが...
(2015年10月23日)
記事全文へ

旅は私の宝箱  古野直子

春の夜の夢

春の夜の夢 ドイツのとある町。時間は夜の7時頃。店の前には体格の良いガードマンが立っている。「ヘイ!レディース トライ、トラーイ!」と英語で呼び掛ける。この場面で、あなたならどうする?友人に聞くと...
(2021年3月26日)
記事全文へ

いいことも悪いことも  鵜飼臣人

-N0.1- 雪の中で

先日、東京にかなりの雪がふった。こんなに東京でふるのは数十年ぶりだとテレビで騒いでいた。若いころ、私は富山に住んでいたことがあり、雪国での生活を、身をもって体感した。雪が降るときは空が黒...
(2014年2月20日)
記事全文へ

47のシアワセを追いかけて〜 杉浦美佐緒

11.江戸の昔を思いつつ、走って巡る東京の旅

新宿の都庁前から町並みを抜けて浅草・雷門を目指し、スカイツリーからの東京タワーを見上げつつ銀座の真ん中をスパートして東京駅でゴール!まさに東京の見どころをつなげた...
(2021年5月25日)
記事全文へ