・TOP >・47エッセイコラム

47エッセイ 「 旅と食、人生を楽しむほんわかエッセイ 」ライターLINE UP

47都道府県 イラストで名所巡り♪  本山浩子

-N0.13-  神奈川県 「芦ノ湖・箱根神社」 秋

神奈川県 「芦ノ湖・箱根神社」 秋 13 回目は神奈川県の「 芦ノ湖・箱根神社 」です。箱根の芦ノ湖周辺は都心からも近く、箱根の中でもいくつか有名な温泉や箱根神社、九頭龍神社がある為、 観光客が途絶えない人気の観光スポットです。私は温泉も箱根神社も好き ...
(2017年9月22日)
記事全文へ

台所から旬だより  高倉知子

秋の味覚を味わい尽くそう!「あったか果物」のすすめ

秋の食材 食欲の秋ですね〜。秋の味覚といえば、新米、さんま、さつま芋、銀杏、栗、柿、梨、いちじく、ぶどう、りんごなど、数え始めたらきりがありません。そんな秋の味覚の中で、みなさんがハマっているものってありますか?
(2017年10月21日)
記事全文へ

アジアが恋しい!お腹もまんぷく美味しい食紀行
伊能すみ子

フレッシュココナッツを求めてタイの旅

ココナッツ アジア屈指の観光大国といえばタイ!名物料理もたくさんあり、日本でもグリーンカレーやマッサマンカレー、カオマンガイなどが人気ですよね。近年では、空前のパクチーブームもあり、より一層タイ料理が身近な存在になっているので...
(2017年3月15日)
記事全文へ

五感で感じるエッセイ『イン・ラケ'ッチ!』
白川ゆり

17.「偉大な豆 ― 大豆を通して考える」

大豆畑 日本の夏の風物詩と言えば、花火、ブタの蚊遣り、そして、「ビールに枝豆」。恥ずかしながら私は、ずいぶん大人になるまで、枝豆と大豆が同じものだとは知らなかった。青いうちは枝豆、茶色くなると大豆。ついでに芽が出た大豆は大豆もやし...
(2017年8月25日)
記事全文へ

春夏秋冬「ゆる伊豆」だより  小林ノリコ

-N0.10- 深海魚のまち戸田で食す深海魚料理

タカアシガニの水槽 静岡県沼津市戸田(へだ)地区は、市の中心街から車で1時間ほど走った場所にある、駿河湾に面した港街。水深2,500mを誇る日本最深の海といわれる駿河湾に面し、古くから良港として深海魚漁が地元の人々の暮らしを支えて...
(2017年9月22日)
記事全文へ

旅は私の宝箱  古野直子

大人の童話 −デンマーク−

デンマークの風景 ”ずうっと探していた…。”ウン十年前に読んだ童話。緑色が多いハードカバーの表紙だった。内容は少女が旅行である日本の小さな町を訪れる。そこには店が何軒かとお屋敷がある。その屋敷には少しひねくれたおばあさんが居て屋敷の主。少女はその屋敷に滞在しながら...
(2017年10月21日)
記事全文へ

信号はMIDORI色。さあ、渡ろ。  MIDORI

中東は異文化の国。実は異なった国から来た様々な人たちが持ち込んだ文化の国なんだ。(後編)

日常会話では肩書にとらわれず上司も部下も互いにファーストネームでフランクに会話ができるという海外の習慣は知ってはいても、実際にそれを体験するとカルチャーショックでもある。またこのラフさが非常に居心地いい。
(2015年10月23日)
記事全文へ

めざせ全国制覇!口福なひとときを求めて〜 杉浦美佐緒

-N0.9- 豊かな香りと琥珀色の余韻に酔いしれる山梨の旅

森の中に聞き覚えのあるフレーズが流れています。「♪ダン・ダン・ディダン・シュビ・ダダン…」という耳になじんだあのメロディ。これはなんだっけ…。ゆっくりと記憶の底から立ち上ってきたのは、「恋は遠い日の花火ではない」というキャッチコピーで、長塚京三や田中裕子 ...
(2014年12月8日)
記事全文へ

いいことも悪いことも  鵜飼臣人

-N0.1- 雪の中で

先日、東京にかなりの雪がふった。こんなに東京でふるのは数十年ぶりだとテレビで騒いでいた。若いころ、私は富山に住んでいたことがあり、雪国での生活を、身をもって体感した。
(2014年2月20日)
記事全文へ