・TOP >・47エッセイコラム

47エッセイ 「 旅と食、人生を楽しむほんわかエッセイ 」ライターLINE UP

47都道府県 イラストで名所巡り♪  本山浩子

茨城県「日本三名園 偕楽園」春

富山県「立山黒部 大谷の雪の回廊」冬 22回目は茨城県にある日本三名園の偕楽園です。茨城県は沢山の見所があります。鹿島神宮、国営ひたち海浜公園、筑波山などなど迷いましたが、今回はとても綺麗で記憶に残っている公園、偕楽園を...
(2020年03月29日)
記事全文へ

世界の地元メシ  ほしのしょうこ

スペインのアホなスープ

世界の地元めし:ほぼベルギーのワッフルというベルギーワッフル ほしのしょうこ この記事を書いている時は、世界がコロナでてんやわんやしている時だったのですが、イタリアとスペインの流行り方のあまりのすごさに、ふと、イタリアに居たときにスペイン人の友人に教わった...
(2020年05月29日)
記事全文へ

アジアが恋しい!お腹もまんぷく美味しい食紀行
伊能すみ子

マカオの魅力 〜日本人にも食べやすいマカオフード〜

アフリカンチキン 東京から飛行機で4〜5時間。 世界遺産やカジノなど魅力満載のマカオですが、 マカオ料理というと、意外と知らない人が多いのでは?実は美食の街でもあるマカオ。 1999年にポルトガルから中国に返還され...
(2018年12月6日)
記事全文へ

台所から旬だより  高倉知子

〜心と体に染み渡る! 免疫力アップの薬膳スープのすすめ〜〜

心と体に染み渡る! 免疫力アップの薬膳スープのすすめ

新型コロナウイルスの感染があっという間に世界中に広まり、「まさかの事態」が続いています。前回のエッセイで「2020年は波乱含みの試練の年」「特に経済面が波乱含み」「一般市民の生活に打撃」「格差が広がる」と ...
(2020年4月20日)

記事全文へ

春夏秋冬「ゆる伊豆」だより  小林ノリコ

第18回 東伊豆 お菓子になった成金豆

成金豆 伊豆の農産物と聞かれたら、みなさんは何を挙げるだろうか。 真っ先に挙がるのが、ミカンなど柑橘類とお茶。続いてワサビ、イチゴ。もしかすると、シイタケやトマト、スイカを挙げる伊豆マニア上級者(!?)がいるかもしれない。伊豆半島は海岸線の独特な地形と温暖な気候条件を活かして、その昔から...
20(2020年4月20日)
記事全文へ

五感で感じるエッセイ『イン・ラケ'ッチ!』
白川ゆり

28.その日まで

東京タワー 道路脇で、マゼンダ色のツツジが燃えるように咲いている。初夏の日差しが眩しくて、今年の夏も暑くなりそうな予感を秘めている。いつもと同じ美しい季節。でも、いつもと違う今年。
この文章を書いている現在、東京はSTAY HOMEのただ中に...
(2020年5月24日)
記事全文へ

信号はMIDORI色。さあ、渡ろ。  MIDORI

中東は異文化の国。実は異なった国から来た様々な人たちが持ち込んだ文化の国なんだ。(後編)

日常会話では肩書にとらわれず上司も部下も互いにファーストネームでフランクに会話ができるという海外の習慣は知ってはいても、実際にそれを体験するとカルチャーショックでもある。またこのラフさが...
(2015年10月23日)
記事全文へ

旅は私の宝箱  古野直子

女帝の啓示

イタリアらしさ 日本から一番近いヨーロッパ、ロシア。ロシアといってすぐに思いつくのは広大な土地と北方領土の問題。ロシアに発つ前に近所のクリーニング店で交わした会話。春だけれどロシアに行くからコートをまだ出せないと話したら「お仕事で行かれるのですか?」と聞かれたので「いいえ、遊びです。」と...
(2020年03月29日)
記事全文へ

いいことも悪いことも  鵜飼臣人

-N0.1- 雪の中で

先日、東京にかなりの雪がふった。こんなに東京でふるのは数十年ぶりだとテレビで騒いでいた。若いころ、私は富山に住んでいたことがあり、雪国での生活を、身をもって体感した。雪が降るときは空が黒...
(2014年2月20日)
記事全文へ

47のシアワセを追いかけて〜 杉浦美佐緒

10、身の危険を感じる!? 個性豊かな温泉に浸る秋田の旅

4年ほど前に「温泉ソムリエ」を取得してから、各地の温泉を訪ねることがさらに楽しみに。あちこち訪ねる中で、非常に強烈な印象を残したのが秋田の新玉川温泉と乳頭温泉郷でした。玉川温泉は長い歴史を持ち、 ...
(2019年10月26日)
記事全文へ